2015年02月16日

大手ソフトからなぜ?高いソフトを買う?

今日、基幹業務ソフトは経営の要として欠かせないものになりました。

中小企業の基幹業務ソフトは「販売」「会計」「給与」が中心で、小規模向けの数万円のものから規模の大きい数千万のものまで幅広い価格帯です。
当社のMBNサービスのベースは無料提供、複数台で共有するネットワーク対応は大手ソフト会社の10分の1、またオーダーカスタマイズは半分ほどの価格でご提供しています。
しかし、これだけ大手ソフト会社よりも価格メリットのあるMBNサービスですが実態は大手ソフト会社で購入される方が多く、大手ソフト会社は好決算を上げ売上が伸びています。

それはなぜでしょうか?
その理由は簡単です。「大手企業は信頼でき安全で安心」と考える経営者が多いのです。


ではなぜ大手ソフト会社が安全と考えるのでしょうか。その理由として

1. 大手ソフト会社なら間違いないと考えている
2. 過去に安くシステムを発注して上手くいかなかった
3. ソフト会社が潰れた時の不安などのリスク要因
4. 多くの販売員・広告などお客様との接点が多い

などが考えられます。


そこで、まずは我々の業務系ソフト業界の事を知ってください。

我々ソフト業界は建設業界と同じ構造になっており、大手の場合では信用力で契約を受注、その後に下請、孫受けとソフト開発を発注していく業界です。
どうしても大手ソフト会社の利益を考えると大手からの購入は費用が高くなります。

次に企業規模別のシステム導入状況は大企業の場合は自社でシステム部門を持ち派遣社員などで自社システムを開発しています。
中堅中小企業の場合は手軽な費用で基幹業務ソフトが導入できる標準化したパッケージソフトを数十万〜数百万で現金またはリースで導入しています。必要であれば費用を払いオーダーカスタマイズを行います。
また比較的企業規模の小さな個人や小零細企業は大手家電量販店やネットで数万円のソフトを購入しています。
こうして現在は殆どの企業に販売管理が導入されてきました。

以上のように基幹業務ソフトは企業規模により市場が成り立っているのです。


そこで当社のターゲットユーザーである中堅中小企業経営者の皆様に考えて頂きたいのです。
1. なぜ中堅中小企業のお客様は大手ソフト会社から我々の販売額より2〜3倍の高額なシステム費用を払うのか?
2. なぜ標準化されたパッケージソフトなら無料でソフトが利用出来ないのか?

この「なぜ?」に注目しIT業界のイノベーションがあるのでないか!
と当社は考えたのです。



まずは「なぜ高額なシステム費用を払うのか?」について考えてみました。
高額なシステム費用で購入する企業は経営の要である基幹業務ソフトを信用力のないソフト会社から購入することに対して強く不安を感じます。
ましてや当社のような「0円ビジネスソフト」を導入するなんて怖くて使えません。

そこで当社「MBNサービス」を安心して利用できる環境を提供し「高額費用のなぜ?」を解決する事が大事だと考え以下の行動を起しました。

1. 基幹業務ソフト(販売・会計・給与)を「0円ビジネスソフト」として無償で提供しました。小零細企業様には喜んで頂けます。
2. オーダーカスタマイズを希望するお客様には「0円ビジネスソフト」をベースに必要としている機能だけを安く開発提供する仕組みを構築しました。
3. リースのお客様には5年毎にシステムを買い替えリースを払い続ける無駄な費用を無くしリース終了後はリース料を払わずに10年先でもそのまま利用できる事を可能に壊れたパソコンだけを入れ替えるなどITコスト削減の為にお客様不満を徹底的に調べ課題解消に努めました。

上記の解決手段は同時に当社理念である「多くの企業に役立ち社会貢献が出来る仕事をやろう!」の実現にも繋がります。



次に「パッケージソフトの無償化」については上記の高額費用の解決手段により当社はこの無償化を実現しましたが、大手ソフト会社は多くの人材を採用しており固定費が大きくかかりその固定費を維持する為に高い費用で販売していく必要があります。
今更に無償化は難しいと考えられます。そこで競争力を維持する為には付加価値機能のあるソフトを提供し価格の安定化を図る事が課題になります。
しかし多くの業務ソフトは低価格でも基本的機能は充実しておりエンドユーザはこれ以上の機能を求めていないように思います。

もうひとつの差別化手段としてサポート保守が考えられますがインターネットが進化した今日ではリモートにより迅速にシステム復旧が可能になり大きな差別化要因にはならなくなりました。
そこでハードや総合ソリューションでの複合的なサービスで差別化を図る戦略をとらなくてはなりません。
この優位性もクラウドの進化で競争力を失うと私は考えています。

いすれにしても「ふたつのなぜ?」は「大手ソフト会社の信用力」が最大の強みのようです。



当社は「ふたつのなぜ?」を解決する手段として無償化によるイノベーション行動をコツコツと積み重ね現在は5600社がダウンロードの実績をあげることが出来ましたが5600社の数字だけでは「大手ソフト会社と同等の信用」を得る事は出来ません。

そこで当社は新たに全国100万社利用の目標を掲げ「大手企業と同等な信用を得る」ことを目標に「ふたつのなぜ?」を解決するスピード手段と考え販売総代理店を募集することにしました。

100万社目標実現にはまだまだ時間は必要ですが販売代理店様と力を合わせ「0円ビジネスソフト」の利用者が増え信用力が増してきたらどうなるでしょうか?
その答えも簡単です。信用力が増すと逆に世の中の基幹業務ソフトへの価値観が逆転され大手ソフトから高額な基幹業務ソフトを購入している経営者の手腕が疑われる事になります。


その価値観の変化を現実にする為に当社は「ふたつのなぜ?」を解決する事でIT業界のパラダイムシフトを起し新風を巻き起こしたいと考え行動しているのです。
同時にITで進化するビジネス環境の変化も視野に入れ次なるパラダイムシフトを目指し多くの企業様が「導入して良かった」と言って頂ける事を目標に当社は次なる未来イノベーションも考え行動を起し続けています。

最後に、当社取り組みに共鳴して頂ける販売代理店希望の企業様にお願いがあります。
一緒に世の中を変えるITイノベーション「MBNサービス」に参加してください。

日本全国100万社「0円ビジネスソフト」の地域販売・ソフト開発・お客様サポートを手伝って頂けないでしょうか。

当社ホームページからお問い合わせ頂ければ感謝感謝です。宜しくお願いします。





人気ブログランキングへ

【当社のホームページ】
メインソリューション株式会社

【企業の基幹ソフト[販売・財務・給与]が0円で!】
販売管理・財務管理・給与管理のフリーソフトMainシリーズ

【ビジネスコミュニケーションツール「エンクロ」】
クローズドネットワークシステム「エンクロ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: