2015年06月22日

標的型メールリスクはencloで回避

「防ぎきれない標的型メールに対してコミュニケーションはメールからクラウドアプリへ」ということを前回のブログで書きました。

そこで今回は標的型メールから情報を守るコミュニケーションクラウドアプリ「enclo」の安全性ついて説明します。


まず「enclo」は主にビジネスユーザーをターゲットとして開発しています。

ビジネスでは情報の機密性を重視しますのでencloでは「CNS」をコンセプトに掲げています。
「CNS」とは情報発信を主とする「SNS」とは真逆の考え方で、特定のメンバー間のみでのコミュニケーション(クローズド)という考え方です。

自分が招待したメンバー、または招待されたグループメンバー以外とのコミュニケーションができない為スパムメールの危険性を排除できるのです。
情報漏洩を気にする方やパソコンやメールに不得手な方が安心して利用できるコミュニケーションアプリです。


しかしクラウドサービスはデータがハッキングされメッセージ情報が盗まれるといった危険性をはらみます。

そこで「enclo」は暗号化を用いセキュリティを高め、大事なメッセージ情報をハッキングから守れるようにしています。

ぜひ、メールから安心なCNSの「enclo」を取引先や社内間でのコミュニケーションにご利用くださいね。無料です。

http://www.zero-soft.jp/enclo/




人気ブログランキングへ

【当社のホームページ】
メインソリューション株式会社

【企業の基幹ソフト[販売・財務・給与]が0円で!】
販売管理・財務管理・給与管理のフリーソフトMainシリーズ

【ビジネスコミュニケーションツール「エンクロ」】
クローズドネットワークシステム「エンクロ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: